風林火山


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風林火山


時は天文4(1535)年、山本勘助(内野聖陽)がまだ大林勘助と名乗っていた頃、勘助は兵法を極めるために諸国を修業する浪人に過ぎなかった。

15年の旅を終え、家督を継ぐために故郷の三河へ向かっていた勘助は、甲斐の葛笠村という寒村に立ち寄り農民の娘ミツ(貫地谷しほり)や平蔵(佐藤隆太)と出会う。

その頃の甲斐は信玄の父である武田信虎(仲代達矢)がようやく甲斐国の統一に成功し、さらに勢力を伸ばそうと駿河の今川、相模の北条と敵対していた。

武田と今川の戦いは農民たちをも巻き込み、葛笠村も今川の雑兵たちに襲われる。勘助はミツを救うため、覆面の男(寺島進)と激しい剣戟を繰り広げるが、逃げられ恨みを買うことになる。

男は今川兵に扮した武田の家臣であった。一方、武田家の主力が今川と対峙している間に相模の北条氏康(松井誠)が甲斐に攻め込んできた。

応戦する板垣信方(千葉真一)率いる武田軍と北条軍の戦ぶりを見にいく勘助だが、無理についてきたミツが北条の武将(きたろう)に捕らわれてしまう・・・。

出演:内野聖陽、光石研、Gackt、市川亀治郎、千葉真一、竜雷太、谷原章介
第1回 隻眼の男
Pandora

第2回 さらば故郷
Pandora

第3回 摩利支天の妻
Pandora

第4回 復讐の鬼
Pandora

第5回 駿河大乱
Pandora

第6回 仕官への道
Pandora

第7回 晴信初陣
Pandora

第8回 奇襲!海ノ口
Pandora

第9回 勘助討たれる
Pandora

第10回 晴信謀叛
Pandora

第11回 信虎追放
Pandora

第12回 勘助仕官
Pandora

第13回 招かれざる男
Pandora

第14回 孫子の旗
Pandora

第15回 諏訪攻め
Pandora

第16回 運命の出会い
Pandora

第17回 姫の涙
Pandora

第18回 生か死か
Pandora

第19回 呪いの笛
Pandora

第20回 軍師誕生
Pandora

第21回 消えた姫
Pandora

第22回 三国激突
Pandora

第23回 川越夜戦
Pandora

第24回 越後の龍
Pandora

第25回 非情の掟
Pandora

第26回 苦い勝利
Pandora

第27回 最強の敵
Pandora

第28回 両雄死す
Pandora

第29回 逆襲!武田軍
Pandora

第30回 天下への道
Pandora

第31回 裏切りの城
Pandora

第32回 越後潜入
Pandora

第33回 勘助捕わる
Pandora

第34回 真田の本懐
Pandora

第35回 姫の戦い
Pandora

第36回 宿命の女
Pandora

第37回 母の遺言
Pandora

第38回 村上討伐
Pandora

第39回 川中島!龍虎激突
Pandora

第40回 三国同盟
Pandora

第41回 姫の死
Pandora

第42回 軍師と軍神
Pandora

第43回 信玄誕生
Pandora

第44回 信玄暗殺
Pandora

第45回 謀略!桶狭間
Pandora

第46回 関東出兵
Pandora

第47回 決戦前夜
Pandora

第48回 いざ川中島
Pandora

第49回 死闘川中島
Pandora

最終回 決戦川中島
Pandora


風林火山』は楽しんで頂けましたでしょうか。
「楽しかったよ!*{`+}{`+@」という方は応援お願いしますm(__)m
Entertainment blogs
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/10/24(水) 01:25 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2007/10/24(水) 07:25 | | #[ 編集]
武田信玄で思いだすのは「影武者」だね。名作だった。
オシム監督の執念が選手に乗り移ってくれればいいかな。
2007/11/20(火) 19:13 | URL | としき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dramaforall.blog110.fc2.com/tb.php/410-5ff01bde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。