私を旅館に連れてって


スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私を旅館に連れてって


笹野倫子(観月ありさ)は三流のモデル。働く事が嫌いで怠惰な生活を送り、仕事の目的はリッチな男探し。友人の衛藤なぎさ(矢田亜希子)とイベントで出会った男達の名刺を競ったり、ゲットした男達から貢物として同じモノを貢がせ換金して遊ぶ毎日だった。

そんなある日、倫子となぎさは番組アシスタントとしてテレビ局に行く。その日は数多くのホテルを手掛けた高邑隆一郎(中井貴一)が出演。感想を言うようにとADから言われた際、勢い余って「番組では語らなかった高邑さんの本音の部分に感心しました」と話す。すると高邑の顔が急変し結婚へと運ぶ形となった。しかし、前妻との間の子志保(黒川芽以)には倫子が金目的で隆一郎に接近したと勘繰られる。

仕事でオーストラリアに行った隆一郎。しかし突然脳梗塞で倒れて死去した。さらに、オーストラリア進出の際に共同で事業を手掛けた人間に逃げられ て、高邑には300億円の借金が残っていた。全てのホテル、並びに自宅は全て差し押さえ。しかし、唯一残ったのは聞いた事がない負債7000万円を抱えた 伊豆・修善寺にある温泉旅館「旅館 花壱」だけだった。

この旅館は村が借金ごと買い取ったという。債権者の黒沼父子(「黒沼旅館」経営)がやってきて、返済を迫られた倫子は、すかさず売る気になる。志保 は不満そうだが、倫子は従業員を集め「一週間後に売ります」と宣言するのだった。一方、なぎさは質屋で時計を売る所をイベントで知った男に発見され、命の 危機さえ感じてしまう。

一旦東京に戻り、荷物を整理した倫子。ビデオデッキの中には隆一郎の対談番組がでてきた。そこには旅館が隆一郎が生まれ育った家だったことを知り、 さらに、なぜ自分と結婚したのかも知るのだった。そして、パソコンのメールボックスには隆一郎が倒れる直前に倫子に送ったメールが。

出演:観月ありさ、矢田亜希子、金子賢、梶原善、円城寺あや、風間杜夫、浅野ゆう子
第1話 天国から地獄へ
視聴

第2話 っていうか大失敗
視聴

第3話 初めてのおつかい
視聴

第4話 きらわれた女将
視聴

第5話 最も恐ろしい客
視聴

第6話 料理が出せない
視聴

第7話 母親失格
視聴

第8話 客は結婚サギ師
視聴

第9話 恋愛トンマの女
視聴

第10話 ダメ女の恋
視聴

第11話 閉館
視聴

最終話 奇跡を呼ぶ宿
視聴


私を旅館に連れてって』は楽しんで頂けましたでしょうか。
「楽しかったよ!*{`+}{`+@」という方は応援お願いしますm(__)m
Entertainment blogs
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://dramaforall.blog110.fc2.com/tb.php/420-450a7a70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。